読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成29年1月13日

かなめちゃんぎゅーっ!からのムラムラが止まらないまま、早番の度に某ホテヘルに電話を入れひなのちゃんの空き状況を訪ねるも、


「ああ〜、今日は予約でいっぱいなんですよ〜、スリムな子が好きならりりこちゃんオススメですよ〜」


なんて言われますが、ほろ苦風俗デビューが記憶に新しい僕はお目当ての子以外とは遊ばない事にしました。


意思とアソコは固いのです。


そんな中、1/13はホームページで出勤を確認してからすぐに電話を入れると…


「ひなのちゃんですね!21:30からならいけますよ!」


マジでか!!


電話をしては予約でいっぱいという言葉で崩れ落ちるのが日々のルーティーンになりつつあったのでドキドキも一気に急上昇!


3時間半ほど待ち時間がありますがへっちゃらです!


f:id:acchama:20170126212958j:plain


何しろ少し待てばこんなに可愛い女の子といちゃいちゃできるのです〜!


1時間前になったらお店に予約確認を入れます。


「予定の時間でお遊びいただけますので21:15位には駅に着くようにいらして下さい。」


ちょっと迷いながら地図の指し示す歓楽街の中の民家のような所へ到着。


前回の掘建小屋の様な受付よりはだいぶ安心感があります。


ドアを開けて階段を登ると「いらっしゃいませ。ご予約のお客様ですか?」と感じの良いおじさまが迎えてくれます。


「はい、21:30から予約です!」と伝えると「こちらの女の子で宜しいでしょうか?」と顔全体が見れるバネルで見せてくれるのですが…( ;´Д`)


あれ?!


ぽっちゃり?!巨乳?!顔違う?!


これって別人って言うか詐欺?!


と焦ったら「あっ、失礼いたしました、お客様はひなのちゃんご指名でしたね。」


と顔が完全に見える写真を見せてくれました。


う〜ん、それにしても可愛すぎる。


これはきっと相当加工されているんだろうなぁ、過度な期待はしないでおかなきゃ。


きれいな女の子を迎え入れるには綺麗なお部屋がいいよね!ということでホテルも少し奮発して2時間休憩で4200円のホテルを選び部屋に入り受付に入った部屋を電話で伝えます。


「ではひなのちゃんを向かわせますね、しばらくお待ちください。」


10分ほど待っても女の子は来ません。


前回は電話する前に女の子が来たのでちょっと面食らいましたがこの待ち時間のドキドキ感も非常に良いものです。


更に5分くらい待つと「コンコン」…


やってきました、ご対面、どの位加工されてるんでしょうね、などと考えながらドアを開けたら…


「ごめんなぁ、待ったやろ?寒いなぁ!」


と京都弁を話す恐ろしく可愛い女の子が立ってるじゃないですか!!


この子が今夜のお相手?!


いや、これ可愛いなんてもんじゃないですよ!!


まるで芸能人の様です。


緊張感が一気にやってきます!


逆の意味で裏切られた〜。

f:id:acchama:20170127005034j:plain

スラッと長身に見えるけど超小ちゃな天使です!


目も写真と相違ない大きさで肌も綺麗で何よりゆったりとした京都弁が更にその可愛さを引き立てます。


フランクに話しかけてくれるので会話も弾みます。


太って妻に軽く行為を拒まれた話をすると笑ってました。


ついつい会話に夢中になり「そろそろシャワー浴びへんと時間がなくなっちゃうで〜」言われ、二人で脱ぎ始めます。


「おっぱい小さいけどショック受けへん?」と聞いてきますが、いいんです!むしろそれがいいんです!


脱ぎ進めると可愛らしい美微乳がお目見えです。


テンション上がります。


殺菌ソープで身体を洗ってもらって

先に湯上りしてると後から出てきて

「寒いなぁ、はよベッド入ろか」と招き入れてくれます。


布団に入るとにこっと笑ってフレンチキスをしてから胸板のあたりを撫でてくれます。


「ええなぁ、私より胸あるやろ?この位の方が気持ち良くて好きやけどなぁ」


と言ってきます。


僕はと言えばひなのちゃんが可愛すぎて舞い上がってしまいどうすることも出来ないダメなおっさんです。


ダメダメな僕をフォローするようにひなのちゃんの指が僕の息子をゆっくり撫で始め「ビンビンやなぁ!」と言ったと思ったら柔らかい唇が息子に吸い付いて来ます。


う…上手い!!( ;´Д`)


こんな美女が僕の一物を口に含んでいるんです。


それだけで暴発寸前まで追い込まれる訳ですが、やはり男たるもの女の子にも気持ち良くなってもらいたいもの。


「ひなのちゃんはどこが気持ち良いの?」と聞くと


「どこでも気持ちいいで」


とちゃんと教えてくれません。


攻め好きさんなのか手コキ〜フェラと流れ、「素股してみる?!」と聞かれたのでうんと答えると騎乗位素股スタート!


前回の風俗デビュー戦では素股は基本プレイに入っているにも関わらず女の子が素股苦手嬢だったため今回は初体験です。


これが丸で挿入しているかの様な気持ち良さ。


ひなのちゃんも息子をクリに当てて気持ち良くなってくれている様です。


正常位素股〜バック素股まで体験させてもらって今度は僕のターンです。


指を挿入しながらクリを優しく撫で続けるとセクシーな声が溢れてきます。


しっとりと濡れてきたので指を挿入して少しづつ強くしていくとひなのちゃんの手コキも激しくなっていき、たまらずフィニッシュ。


帰りもニコニコしながら「ありがとう、また来てなぁ〜*\(^o^)/*」


はい!必ずまた行きます*\(^o^)/*f:id:acchama:20170127200612j:plain